こだわりの新築を建てる

家族でこだわる住まい

一軒家

東京に新築で一戸建てを持ちたいと考えている家族も多数います。
ところが住宅展示場に見学に出向いたとしても、どのハウスメーカーの物件も多くの顧客に気に入られることを前提としているので自然と似通ってきてしまい、気に入るものが見つからないということがあります。
東京にすでに新築一戸建てに向けての土地が取得できているのなら、後は建物だけなので家族で相談しあいながら納得できるデザイン住宅を目指すようにするといいでしょう。
東京でデザイン住宅を建てるとなるとオーダーメードの物件だけにどれくらいの費用が必要なのかがまず気になるところです。
もちろん人件費や材料費といった要素では以前よりも割高になってきているのが現状です。
それでも東京でデザイン住宅にすることで、ローコストの住宅からハイグレードの物件までさまざまな条件で選びながら建てることができます。
もちろんデザイン住宅にすることで暮らしやすいように細部にまでこだわりをもって調整をすることができます。
家族の暮らし方に合わせた住まいを建てることができます。
ただ一般的な住宅に比べると家族にとってのオーダーメードであるということは、他の人からすると羨ましい場合もあれば、全く魅力に感じないこともあります。
住んでいる間は快適であったとしても、仮に売却の必要性が発生した場合には一般のハウスメーカーの物件とは異なり売却に工夫が必要になることがあります。
先々のことまで考えるのなら、デザイン住宅といえどもあまり突飛なことはしない方がいいでしょう。

光と風の通り道をつくる

積み木の家

家族の健康は何物にも代えられない大切なものです。
戸建ての家づくりで第一に考えるのが、自然の光と風を取り入れる工夫です。
安全な建材を用いたり、換気システムを設置することも、大和市で健康に良い戸建てをつくるためには有効な対策ですが、健康的な戸建ての大前提は、自然の恵みを享受できることです。
太陽の光がたっぷりと取り込まれ、気持ちの良い風が通り抜ける開放的な居住空間は、大和市で健やかな心と体を育んでくれます。
例えば、LDKや居室の延長としてウッドデッキなどのテラススペースを設けると、大和市でアウトドアライフが日常のものになりますし、都市部の限られた敷地では、中庭やルーフバルコニーを設けるのも良いでしょう。
またトップライトやハイサイドライトを設けるとさらに開放的な住まいになります。
大和市では、風通しも重要です。
窓を開ければ最先端の換気扇よりもはるかに多く新鮮な空気を取り入れることができるからです。
理想は戸建て全体に風が通り抜ける間取りです。
個室も家全体も二面以上に窓があるとスムーズに空気が排出されるメリットがあります。
隣家が迫っているため適切な位置に窓がつくれない場合は、一階から新しい空気を取り入れ、それを階段や吹き抜けを通して上昇させ、2階の窓やトップライト、ハイサイドライトなどから排出するというように、縦の方向に流れをつくります。
温度の高い空気は上昇する特長を利用して風の道をつくるのです。
閉めたままでも採光・通風を得られる窓シャッターや通風のため欄間やルーバーがついた室内ドアを設置すると良いでしょう。

格安物件もあります

つみきの家

住まいを選びを考える機会はそう多くないです。
時間をかけて十分比較検討する事が必要です。
利便性や快適性を考えると大和市を候補地とするのも良い考えです。
大和市は神奈川県のほぼ中央に位置し、自然環境豊かな地域です。
泉の森やふれあいの森では季節に応じて桜や紫陽花を楽しむ事ができます。
南北に通る鉄道路線と幹線道路沿いには各駅を中心に繁華街があり、住宅を購入するなら郊外の閑静な住宅街が適しています。
中でも大和駅から15分から20分程歩いた場所にある上草柳周辺には新築戸建て住宅や中古一戸建て住宅が売り出されています。
新築住宅と中古住宅にはそれぞれメリットがあります。
中古一戸建て住宅なら表示価格が安い上に子供が遊び回ってもそれ程気遣いする事もないので、のびのび子育てができます。
物件数も多く、選択の幅が広いです。
一方、新築一戸建て住宅は耐震性や耐久性に優れ、メンテナンス費用が抑えられます。
高額な費用がかかると思われがちですが、建売住宅なら格安物件も多いので、手の届きやすい価格設定である場合が殆どです。
そして何より真新しい建物で暮らせるのが大きなメリットです。
大和市内には数多くの不動産会社がありますが、特に大和駅周辺に集中しています。
大和市内の不動産に関する事なら未公開物件情報も含めて親身にアドバイスしてくれます。
できだけ多くの物件を見学してから決める事が必要です。
各不動産会社の詳しい事が知りたい場合は口コミサイトでの評価が参考になります。